前へ
次へ

レンタルパソコンを賢く使うために

研修や出張などでレンタルパソコンが必要になることは少なくありません。企業は必要最低限の台数しかパソコンを導入していないことが多いため、一時的に必要になったときに困るわけです。そうした問題を解決するために生まれたのがレンタルパソコンで、現在は個人事業主向けサービスも登場しています。レンタル料金は長期になるほど割安で、1日より1週間、さらには1か月のほうが安くなります。レンタルとリースは厳密には違いますが、レンタルがリースを兼ねている会社も増えてきました。一般的にリースは3〜5年などの長期利用を前提としていますが、レンタルにも3年などに対応するサービスがあります。レンタルパソコンの料金は昔と比べて非常に安くなっています。まだサービスが普及していない時代であれば、ライバルが少ないので相当な高額が設定されていましたが、現在はライバルが多いので相場が安いです。一方で過剰な価格競争をするあまり、サービスが手薄になるなどの問題が発生しているため、価格だけでなくサービスもよく見たうえで契約しましょう。レンタルパソコンの利用において注意したいのは送料で、地域によって大きく変わってくることがあります。離島などに住んでいると5000円を超えてくる場合があるので要注意です。送料込みのプランはお得感が高いですが、単価自体が高く設定されていることが多いので一概に安いとは言い切れません。レンタルパソコンにはサポート制度が付帯されており、正常な使用においてトラブルが発生した場合は補償してくれます。この場合は原則として修理費用はかかりませんが、利用者側に原因があってトラブルが起きたときは自己負担になる可能性があります。紛失や盗難などに関しては完全なる自己責任になるので、補償の対象にはなりません。水没も同様に対象外ですが、台風や大雨などの自然災害が影響している場合は補償対象になる可能性大です。保証制度が充実しているレンタルパソコン会社は、選んで失敗のない会社と言えるでしょう。

陰性証明書 大阪

Page Top